外壁化粧格子取付

化粧格子取り付け

リノベーション物件で、建物外壁に木目調の化粧格子の製作・取り付けを行いました。

商業施設として利用される予定で、内部はスケルトン状態にして、かなり力の入ったリノベーションがおこなわれるようです。建物外壁部分の重要な部分を担当させていただきました。

調査・実測

建物外壁廻りの寸法を計測していきます。

毎度のことですが、間違えると後で大変な目に合うので慎重に計測していきます。

しかし、今回は建物全面を覆うので、高さがありますね。

コーナー部は、一部直角でない所もあるので角度も計測していきます。

計測した後は、ご要望に合う形で製作するための図面を作成していきます。

図面で製品仕様や、寸法・取り合い部分の確認後、製作に入っていきます。

製作

製品仕様を図面で確認取れた後に、製作に入っていきます。

今回の製品は、高さがあるので保管や、運搬するのは大変です。キズが付かないようにダンボール養生しております。

製品製作
製品製作

取り付け工事

いよいよ取り付け工事を行っていきます。

先行して、建物外壁に格子を固定するにあたって下地材として柱と胴縁を取り付けていきます。

その後、格子を吊り込んで固定していくのですが、建物外壁と、足場の感覚が狭く壁つなぎが障害物となり、(よくあることですね・・・)格子が取付け難しい為、下地の柱だけ取り付けて、足場解体後に脚立を立てて施工しました。

製作・施工にあたって

今回は、建物高さがあり製品寸法が大きくなった為に製作と運搬そして取り付けが大変でしたが、きっちり施工することが出来ました。

建物外観の重要な部分を担当させていただき、やりがいのある仕事でした。

おすすめの記事