猫カレンダー製作撮影

毎年、年末のご挨拶訪問用に、卓上カレンダーを製作しています。

通常、自社製品紹介写真や、施工写真を使用したタイプを製作しているのですが、今回少し変化があってもいいなと思い、通常タイプとは別に、猫カレンダーを作ろうということになり、写真撮影にいってきました。製作したのは、2017年度カレンダーです

男木島での撮影

最初に撮影に行ったのは、男木島です。

朝から撮影したかったので、前日は高松市内に宿泊しました。

男木島

高松の沖合に位置する面積1.38平方km、周囲5.0km、人口が約180人の島です。
平地がほとんどなく、細い坂道が多いです。
アクセスは、高松港よりフェリーで、女木島経由で40分ほどです。
瀬戸内海国際芸術祭の会場でもあり、アート作品の展示がおこなわれています。

web上の情報より引用

当日コンディション

当日は、曇り時々雨という天気で気温もあまり上がらない感じでしたので、猫がでてきてくれるか不安な感じでした。

猫の撮影目的で来ているとおもわれる方も結構いました。

撮影

島について、朝9時くらいから猫を探してうろうろしますが、なかなか猫がいません。

神社の辺りで最初の猫を発見。

その後、数匹の猫を撮影できました。

島は結構大きくて、細い道と坂が多いですね。

撤収

午後になって、雨が強くなってきたので、心が折れてフェリーに乗って帰ることにしました。

行く前に思っていたより猫に出会えず残念です。

休日を使用しての訪問なので、撮影日は1日のみしかなく残念です。機会があればまた訪問してみようかと思っています。

沖島で撮影

次に撮影に行ったのは、沖島です。

琵琶湖ですので、大阪からいくのは近いですね。

沖島の立地
沖島の立地

江八幡市から琵琶湖の沖合約1.5kmに浮かぶ沖島は、周囲約6.8km、面積約1.53km2 で
琵琶湖最大の島です。
約300人の人が住んでいます。アクセスは、堀切新港よりフェリーで、10分程度で、京阪神より
被害りで来島が可能です。

web上の情報より引用

コンディション

当日はいい天気で、気温も暖かくフェリー待ちの港でも、猫がいたので期待が持てる感じでした。

フェリーで島までいくのですが、往来する人が多くフェリー待ちに長い列が出来ていました。

撮影

島に着いて、うろうろしだしてすぐ、猫を発見できました。

その後、9匹ほどの猫を撮影出来ました。島はさほど大きくないので歩き回りやすかったですね。

今回も撮影目的で来ている方も多く、猫の廻りに人が集まっている感じでした。

撤収

午後になり、新しい猫を見かけなくなったので、フェリーに乗って帰ることにしました。

家島で撮影された猫

カレンダー製作にあたり、12枚の写真を使用予定なのですが、写真が足らない状態だったので、弊社社員の知り合いが、家島で撮影した写真を一部使わせてもらいました。

機会があればいってみたいですね。

家島の立地
家島の立地

家島諸島は、姫路市から沖合約18km、瀬戸内海東部の播磨灘にあり、大小40余りの群島で構成
される諸島です。諸島全域が兵庫県姫路市に属します。
アクセスは、姫路港からの家嶋諸島への定期路線で40分ほどです。

web上の情報より引用

最後に

今回カレンダーの企画・撮影・製作をを行ってみて、カレンダーですので気軽に作成できるかなと思ってましたが、いい写真を撮るのがとても難しく、撮影技術の無さを痛感しました。

ただ、いいカメラが欲しくなりました。

完成したカレンダーは、こんな感じです。

おすすめの記事